スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

テーマ: - ジャンル:

今日もクイズ♪

2010/09/15(水)
今日もクイズです♪

昨日のおさらい:ウエットスーツとドライスーツは、硬度の違うクロロプレンゴムを使っています。


それでは、またまた問題です。

ダイビングのウエットスーツとサーフィンのウエットスーツのクロロプレンゴムは

A.同じ / B.違う

さてどっち?



答えは・・・
B.違う んです!


ウエットスーツなので同じ素材で良いように思いますが、

サーフィン:アクティブな動きに対応できる運動性能を重視した素材
ダイビング:水中に潜るので、水圧に耐え、温かさをキープできる素材 

が、求められます。
(※フィールドが波の上のサーフィンは、水中に深く潜ることはないので
水圧に耐える素材は必要ないのです)


もしサーフィンのスーツをダイビングに使ったら、ダイビングスーツより早くゴムがヘタります。
逆にダイビングのスーツをサーフィンに使ったら、サーフィンスーツより動き難くなります。


目的に合った素材選びは大切なのです★


サーフィンのスーツについてはこちらへどうぞ♪
スーツ情報(全般)

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。