スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

テーマ: - ジャンル:

スーツ生地ってどんな構造?

2010/09/11(土)
暖かい、強い、伸びる、ワールドダイブのダイビングスーツ。

スーツ生地はどんなものを使い、どんな構造になっているんでしょう?

少しずつ、blogで紹介していきたいと思います♪


スーツの生地はほとんどが3層構造になっており、
中心はクロロプレンゴム、これをはさむように、表生地と裏生地があります。

生地


クロロプレンゴムの特徴は
 ・スポンジのように細かい気泡があって素材そのものに浮力がある
 ・表と裏の生地の良さを損なわない伸縮性
 ・水圧に負けない復元力

表生地にもとめられるのは
 ・岩やサンゴなどに接触しても、簡単に擦れたり破れたりしない強さ
 ・水をはじく撥水性

裏生地にもとめられるのは
 ・温かさ
 ・肌触りの良さ
 ・着脱のしやすさ


これら性能をバランスよく備えている最適の素材を
ダイビングスーツに採用しています☆
スーツ情報(全般)

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。